動態選單效果,如不執行不影響您資料瀏覽
台北のWiFi
 
:::
著作権
 


著作権表示

一、当政府ウェブサイト著作権表示
1.台北市政府のウェブサイト上に掲載した全てのコンテンツは、著作権法の規定により著作権の対象とすることができないもの(法律、命令、公務員の書いた原稿、ニュースリリース等、著作権法第9条の規定を参照)を除くほか、テキスト、撮影、写真、録音、影像及びその他の情報を含めて全て著作権法の保護を受けるものとする。
2.上記の著作権の対象とすることができないものは、何人たりとも自由に利用することができ、各界が広く利用することを歓迎するものとする。
3.当政府のウェブサイトの情報コンテンツで著作権法の保護を受けるものは、合理的な使用のほかは、著作権の経済的権利の保持者の同意又は授権を得た後で利用することができるものとする。
4.上記の「合理的な使用」とは以下の通り:
(1)当政府ウェブサイト上に掲載した当政府の名義で公開し発表した著作物は、著作者が当政府である場合は、合理的な範囲内で、複製、公開放送又は公開送信することができ、利用時はソースを明らかにするものとする。
(2)当政府ウェブサイト上の情報は、個人又は家庭用の非営利目的で複製することができるものとする。
(3)報道、評論、学術、研究又はその他の正当なで目的、合理的な範囲内で、当政府ウェブサイト上の情報を引用することができ、引用時にはソースを明らかにするものとする。
(4)その他合理的な使用については、著作権法第四十四条乃至第六十五条の規定を参照するものとする。
5.著作権法第八十条の一により権利管理の電子情報を削除又は変更しなければ合法的に著作を利用できない場合、記録又は送信システムにより変換される場合、技術上削除又は変更が必要な場合のほかは、当政府ウェブサイトの表示する権利管理の電子情報は、許可なくして削除又は変更することができないものとする。

二、当政府ウェブサイトとのリンク
一般に、いかなるウェブサイトの当政府ウェブサイトとのリンクも、当政府の同意なくして行うことができ、リンクには当政府の名称を表示するものとし、リンクが誤解を招くような使用をさせる場合、当政府はそのリンク行為を許可しないものとする。

三、当政府ウェブサイトの関連リンク
インターネット使用者の便利のため、当政府ウェブサイトは関連ウェブサイトのリンクのみを提供し、利用者による当該ウェブサイトコンテンツの使用の行為について当政府は責任を負わないものとする。

四、免責声明
当政府ウェブサイトの提供する関連リンクのウェブサイトのページ又は資料は、全てリンク先のウェブサイトの提供するものであり、関連する権利は当該ウェブサイト又は合法的な権利者の所有するものであり、当政府はその正確性、即時性又は完全性を保証しないものとする。


著作権侵害処理方法

一、当政府は他人の著作権を尊重し、「著作権表示」及び著作権法等の関連規定により著作権を保護し、何人もいかなる他人の著作権を侵害する行為を行い得ないものとする。

二、貴殿(著作権者、製版権者又は独占的ライセンスの被授権者)が当政府ウェブサイトのコンテンツが貴殿の権利を侵害しているか、又は著作権法違反の状況があると考える場合、当政府は以下の手続に従い処理するものとする。
(一)当政府への通知
「著作権侵害通知書」に記入し、ファックス又は電子メール(スキャンして電子ファイル化したもの)を当政府に送付する。電子署名は受け付けない。
(二)先行削除
「著作権侵害通知書」が修正を必要としない場合(修正通知を参照)、貴殿が提供した資料に基づき、当政府が予備的検討でコンテンツが権利侵害又は違法のおそれがあると見なした場合、当政府は先にウェブサイト上からコンテンツを削除するが、削除時の関連資料を保留及び保存する(著作権法第90条の10)。
(三)権利侵害のある使用者(以下使用者とする)への通知
当政府は貴殿の提供した連絡資料(姓名、電子メール、電話、ファックス)を使用者に通知し、彼と貴殿が連絡及び意思疎通で争議を解決することを求める(著作権法第90条の4第2項)。
(四)使用者の異議
使用者が著作権を侵害していないと考える場合、「著作権侵害異議通知書」に記入し当政府に送付し、修正を必要としない場合(修正通知を参照)、当政府は異議の内容及び連絡資料(姓名、電話、電子メール)を貴殿に送付し、貴殿は当政府の通知を受けた次の日から起算して10営業日以内に使用者に訴訟を提起した証明(三通作成の文書を含む)を提出するものとし、さもなくば当政府は貴殿に通知した次の日から起算して14日営業日内に使用者に再度アップロードを求めるものとする(著作権法第90条の9)。

三、その他注意事項:
(一)委任により侵害又は異議の通知を提出する場合
委任を受け「著作権侵害通知書」又は「著作権侵害異議通知書」を提出する場合、代理人は同時に当事者(著作権者、製版権者、独占的ライセンスの被授権者又は使用者)委託を受けたことを表明し、当事者の姓名又は名称を明らかにするものとする。
(二)修正通知
1、「著作権侵害通知書」又は「著作権侵害異議通知書」の内容が不完全である場合、当政府は通知書を受領した次の日から起算して5営業日内に修正を通知するものとする。
2、当事者又はその代理人は修正通知を受領した次の日から起算して5営業日内に修正を完成するものとし、期限に達しても未修正又は修正不完全の場合は「著作権侵害通知書」又は「著作権侵害異議通知書」を提出しなかったものと見なすものとする。
3、書式不適合の通知又は修正せず又は修正が不完全の場合、当政府が権利侵害の事情を承知した根拠とすることはできないものとする。

(三)権利侵害3回によるサービスの停止
使用者が3回権利侵害を行った場合、当政府は全部又は一部のサービスを停止する(著作権法第90条の4第1項第2款)。

(四)個人情報の保護
当政府は個人情報の保護を重視し、著作権侵害の処理の過程において、連絡資料(姓名、電子メール、電話、ファックス)のほかは、当政府は貴殿その他の他人を識別できる個人情報を提供せず、貴殿が当該資料を取得したい場合、貴殿は刑事警察局に届出るか、又は地方法院検察署に刑事告訴を提出し、当政府は上述部門の通知により協力するものとする。

(五)当政府連絡窓口
姓名:台北市政府資訊局
Emailアドレス:services@mail.taipei.gov.tw
電話:2720-8889内線1070
ファックス:2720-8369

地址:台北市信義区市府路1号10楼(市政大楼10階)
台北のロゴ
フリーダイヤル:0809-09-19-19 携帯電話専用ダイヤル: 886-2-7745-5429 台北市民ホットライン1999(無料電話サービス。公衆電話およびプリペイドカードを除く。)
台北無料公衆無線LANサービス規約 | プライバシーおよび情報セキュリティポリシー | 著作権表示 TPE-Free@mail.taipei.gov.tw
台北市政府 無断複写・転載を禁ず © copyright 2012 住所:11008 台北市信義区市府路1号